ミニチュアダックスフントのしつけ

ミニチュアダックスフント

人間が性格が違うようにミニチュアダックスフントにはも一匹ごとの性格があります。ミニチュアダックスフントによっても賢い、頭が悪いどの特徴があったり、同じミニチュアダックスフント種でも性別や毛種によって性質が違うこともあります。たとえおとなしいと言われるミニチュアダックスフント種でも、個性の違いで怒りっぽいミニチュアダックスフントがいたりすることもあります。

 

飼い主が、ミニチュアダックスフントの個性を理解する努力をして、人間とミニチュアダックスフントが協力し合うことがしつけへの第1歩です。しっかりとした協力があってこそ、しつけはうまくいくのです。ミニチュアダックスフントに対する愛情、ミニチュアダックスフントの気持ちを理解したうえで、互いに協力しあうことがポイントです。

 

犬のしつけの基本としては、ミニチュアダックスフントはぬいぐるみはなく、犬で、性格もあって、家族の仲間であるということを、飼い主も家族も十分にと分かっていることが大事です。自分がしっかりミニチュアダックスフントにしつけをしても、嫁や長男が甘や適当にしてしまっては、しつけはなかなか進歩しません。

 

ミニチュアダックスフントにしつけをするときには、ミニチュアダックスフントの集中力が続く時間内で、しつけをしていってください。ミニチュアダックスフントの集中力が続くのは、それぞれの犬によって多少差がありますが、基本的に30分くらいが限度で、それより長時間に渡っても、ミニチュアダックスフントがしつけを嫌がるようになることもありますので無理はいけません。

ヨークシャーテリアのドッグフードのしつけ

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアのドッグフードは必ず、決まった時間に同じ所で与えるのがしつけの基本です。もし決まった時間に遊びに夢中になっているときには、かわいそうかもしれませんがさっさとドッグフードを片付けてください。「遊び疲れたらそのうちで食べるだろうから」とドッグフードをそのままにしておくと、ヨークシャーテリアのしつけは失敗します

 

ヨークシャーテリアのドッグフードのしつけのポ基本となるのは、毎日同じ時刻にドッグフードを与えることで、決まった時間が来たら食事の場所でドッグフードがもらえる、という決まりを理解させ、覚えさせることと、ヨークシャーテリアが人間は自分の思い通りになると思わせないことです。甘えた顔つきで欲しがるととついドッグフードを与えてしまいがちですが、ヨークシャーテリアの将来を考えたら飼い主も我慢するべきなのです

 

ドッグフードを食べている最中に家族がそばに寄ってくると威嚇をするヨークシャーテリアがいます。ヨークシャーテリアがドッグフードを食べてているときに人間が寄ってきても神経質にならないように、子犬のヨークシャーテリアが家に来た最初の日からドッグフードを食べている時には食器に触っているようにしたり、食器を動かしたりしながら、いつも近くにいるようにしてください。慣れてくるとヨークシャーテリアはドッグフードを食べていても家族が近づいてきても威嚇しないようになります。

 

家族が食事を食べている時に、ヨークシャーテリアが近づいてきて、同じものをおねだりすることがありますが、家族の食事をヨークシャーテリアに与えてはいけません。家族が食事を食べるときには、ゲージに入れたり、別の部屋に移動させるようにして、家族が食事を食べている様子を見せないようにしてあげましょう。

トイプードルのトイレのしつけ

トイプードルのトイレのしつけは、トイプードルが家に配送されるその日からスタートします。トイプードルが自宅に配送されてくる前に、しつけの手順をしっかり頭に入れ、トイレ場所を決定しておきましょう。まずトイレの設置場所は、普段家族の出入りが多いリビングなどではなく、できるだけ人気が少ない廊下の端などに決めてください。

 

トイプードルのしつけが上手くいくかどうかは、一度決定したトイレの場所を、安易に変更しないことが大切です。ミニチュアダックスフントが自分からにトイレに向かうとき以外は、たとえトイレに行く素振りを見せなくても毎日、朝晩に、トイレの場所に連れて行きます。これを毎日繰り返すことで次第にトイレを理解し、自分一人でもトイレに行くことができるようになります。

 

トイプードルがトイレをしたくなる時間帯は、朝起きた直後と食事を終えた後と運動後なので、トイプードルをよく観察して、そわそわしだしたらトイレの場所に連れて行ってあげてください。トイレに失敗してしまった時には、失敗してしまった直後に失敗した場所に顔を押さえつけるようにして、ハッキリした口調で「だめ」「いけない」などの決まった言葉で失敗したことを理解させましょう。

 

失敗した直後に叱らないと、トイプードルには、何に対して怒られているのかが分からないので、いつまでたってもトイレのしつけが上手くいきません。失敗してしまった後は、トイプードルは失敗した場所に、少しでも自分の臭いが残っていると、再び臭いを付けようとして、おしっこをしてしまいますので、失敗した場所に残ったおしっこの臭いは、完全に除去しましょう。

ポメラニアンの行動

ポメラニアンがよその人や飼い主に対して、威嚇する、無駄吠えや噛み付く、脱走する、放浪するなどのトラブルメーカーになることがあります。トラブルメーカーになるときには、しつけの前にまずポメラニアンに対する行動をよく反芻してみましょう。飼い主は怒ってしつけをするつもりでも、ポメラニアンにとっては楽しみの時間と思い違いをしているケースもあるのです。

 

トラブルメーカーになるを教育するためには、飼い主の行動がポメラニアンに意図したとおりに理解されるように、間髪をおかずにご褒美や罰を与えることです。ポメラニアンのしつけのポイントは素早い対応です。また、ポメラニアンがトラブルメーカーになるきっかけは何なのかという点に気を付けながらポメラニアンの感情を察して、根本的に解決する方法を模索しましょう。

 

ポメラニアンが無駄吠えする対象が、飼い主なら、散歩や食事をおねだりしていたり、愛情や運動が感じられないことの不満だったりしますので、できる範囲内でポメラニアンの感情を察知してあげたり、一緒に楽しく走り回って、たくさんかわいがって、ストレスを解消する必要があります。ポメラニアンも人間と一緒でストレスがたまるとふてくされてしまうものなのです。

 

他人や物、動物に吠えるポメラニアンは、注意していたり不快感を抱いている場合や、臆病だったり、神経質な性格だったりすることもありますので、ポメラニアンが怯えないない、心休まる環境づくりが必要です。どうしても無駄吠えが続く場合には、吠えるといきなり不快な音が出るなどのポメラニアンにとって不愉快なことが発生すると思わせるようにしてください。

チワワの噛み癖

飼い主を噛むことは、チワワが子犬のときとチワワが成犬に成長してからでは噛み付く原因が違ってきます。チワワが子犬の時には、歯の生え変わりの時期、新しい歯が伸びてくるときには人間の赤ちゃんと一緒で、歯ぐきがかゆかくて、かんでくることがあるので、その場合には犬用のガムを代わりに噛ませましょう。

 

チワワの子犬にかまれたら、しつけの絶好の機会だと思って、大きな声で「痛い!」と叫んでください。噛まれたら叫ぶを、何度も示すうちに、チワワの子犬は「人を咬む」という行為が、悪いことだということを学んで、咬むのをやめるはずです。噛み癖はチワワが子犬の時期にしつけをして理解させることが大切です。

 

チワワが成犬になってから噛む場合は、チワワが子犬のときと違って、愛情が足りないためのストレスや運動が足りないためのストレス、危険回避のための防衛本能など、ストレスや防衛のための行動として噛み付きます。飼い主と犬との間に主従関係をしっかりと認識させて、犬よりも人間が上だということを自覚させましょう

 

逃げ出したり放浪の原因は、発情期や運動不足、誰かにかまってもらいたかったり、遊びたかったりと言うことがあります。もしも逃げ出してしてしまったときや地震などの災害に備えて、首輪に名前や住所などを印した名札をつけておくと安心です。また、運動が足りなかったり、遊びたくて逃げ出すということは、日頃から飼い主が愛犬と触れ合ってあげて、散歩に連れて行くことで解決します。
犬 しつけ

 

犬を飼うなら何がいいだろうか
犬のしつけの基本を学ぶ
愛犬の正しい飼い方
犬が大好きなブログ

 

http://www.s-pltn.com/ http://www.showmysite.info/ http://www.stopinternets.com/ http://www.tout-immobilier-cannes.com/ http://www.bitchcorner.com/ http://www.urlyze.com/ http://www.yongxib.com/ http://www.cheekyphotography.net/ http://www.buzzcommunicationsmusic.com/ http://www.hellomake.com/